敢えての地味目なデザインが相手への気遣い

出産報告を兼ねた年賀状は当初は控えようか迷いました。
なぜなら疎遠になりがちな友人や年賀状程度でのつながりの人は、現在どういう状況かわからないからです

 

例えばもしその人がリストラされてたら・・・、
彼氏彼女とわかれたばかりだったら・・・
などマイナスのことを考えると自分の家族の幸せ報告がいかに残酷かと思ったためです。
(もし自分が逆の立場な素直に喜んであげれないばかりか、新年早々気分がよくないかと思うかも知れません)

 

とはいっても親しい友人などには報告と幸せを伝えたいという葛藤がありました。

 

年賀状のデザインを分けて作るほど時間もないし・・・

 

そこで私の家庭では、
年賀状での出産報告はあくまでサブ的な要素として目立たないように写真など配置し、
比較的地味目にデザインしました。

 

文章も生まれた事の報告と名前程度にして幸せ一杯な感じにならないように配慮しました。

 

出産報告や子供の成長の年賀状作成を実際に経験し思ったことは、
年賀状は疎遠になりがちな人との年に1度のコミニケーションツールとして非常に素敵なものですが
あくまでも相手の気持ちも考えた内容にすべきだと感じています。